2019.03.20

そのビッグデータ、の生かせますか?

ビッグデータ、ビッグデータ、と言われて久しいですが・・・。

やはり課題は、そのデータをどのように生かすか?ですよね。

どんなに美味しい野菜があっても、料理の仕方がわからなければイマイチ!
もちろん、そのままの味を楽しむこともできますが、飽きる!

スマートロックを使っていると、よく、「その開閉ログが溜まると、いろいろ生かせそうですね!」とか言われますが、

いろいろ生かせるって、何に生かせるか、具体的に教えてほしい・・・。

IoT = データログを生かしたビジネス、と考える方が多い!
うちのIoTは、ログじゃなくて、実際に鍵が開いて部屋の中に入れる!っていう物理的な部分を強みにしているんです!

あと、会社の上司から、IoTを使った新規事業せい!って言われて、行きつく先がみんな、

見守りサービスになりがち!!!

温度センサーも開閉センサーも鍵もエアコンも電力メーターも、みんなみんな、見守りサービスになりがち!!!

もう、見守りサービスがレッドオーシャン。

世の中の高齢者、みんなそんなに見守られたいのか・・・?とか疑問に思いますし、見守りに月1000円以上払う人、どんだけいるんだろう?とかとか思う訳です。

話をビッグデータに戻しますが、ビッグデータって、やはり何となく溜めても、その使い方がうまく思いつかないことが9割だと思うんです。
データを集める前に、まずは、何をしたいか!を考える必要がある。

例えば、コンビニの出店をする! → そのためには、駅前の各道路の通行量を把握したい! → よし、ビーコンセンサーを使って、駅徒歩3分以内の道の通行量を正確に把握しよう!
みたいな感じです。

これが大抵の場合、ビーコンセンサーを使えば人の動きが把握できる!そこから先は、どう使うか考えよう!っていうのが多いんです。
で、データの販売価格とか販売先が決まっていないまま、とりあえずセンサーをばらまく、みたいな。

ビッグデータ、何それ美味しいの?

を、

ビッグデータは美味しいの!!

と言えるようにするためには、そのデータの生かし方、調理方法が最重要ですね。