2018.02.16

カラオケに行っていないことが原因でした

最近、どうも自分の思考がまとまらない、悩みが深い、と思っていたら、カラオケに行っていないからダメなんだ!ということに気づきました。

僕にとって、カラオケとは瞑想です。

自分と向き合う時間です。

デンモクを握りしめながら、自分に問いかけます。

「僕は今、何を考えている?何に悩んでいる?何を歌にする?」

毎日、あれやらなくちゃ、これやらなくちゃ、と多忙を極めている中、自分の心に問いかける静寂の時間。

それが、カラオケなのです。

答えが見つかり、今の自分の気持ちにぴったりと合った曲を選んだ時、自然と歌は口から発せられ、さらに、大きな声として発せられ、マイクも使わず、魂の限り全力で歌い上げることができるのです。

気持ち悪いやつだなぁと思った方。
わかります。僕もナニ言ってるかわかりません。

滝沢と過去にカラオケに行ったことがある方。
ご理解いただけると思います。

僕の歌は、魂の叫びですから。

あぁ、叫びたい。