2016.02.23

ライバルの存在

ライバルがいるということは、こんなにも成長を促すものなのですね。

と、スマートロックを作っていて思いました。

日本のスマートロックはアメリカよりも1年遅れており、アメリカではすでに、Augustという会社が連動するキーパッドやインターホンカメラを販売していて、
日本は大きく遅れている・・・というような記事を私も書きましたが、ここにきて、日本のスマートロックの成長スピードが加速しています。
(ちなみに、進んでいると思っていたAugustに、スマートロックとキーパッドを昨年12月に注文していたのですが、発売が伸び伸びになっており、まだ届いていません。)

Akerunは、AkerunTouchやAkerunEntranceなどの周辺機器をOEM供給で揃え、Qrioは専用キーパッドを高速で開発し、うちはスマートロックを使った内覧サービスをクローズドな実験レベルではなく、
広く一般に提供しています。(おそらく、世界初ではないか、と。)

で、これらスマートロック関連のスピードがとても加速している一番の理由が、ベンチャー3社が同時に発売、発表したからであり、お互いをライバル視しているからだと思うのです。

自社と同じサービスを、ライバルが先に発表しないか、いつもドキドキしています。

ライバルがいるメリットは、スマートロックの認知が全体的に上がること、開発やサービスの質が向上すること。
デメリットは、当然ですが、他社にシェアを取られることと、一番辛いのは、投資家に「他社との違い」を延々説明しつづけなくてはいけないこと、ですね。

この「他社との違い」の説明はけっこう面倒でして、例えば、日産自動車に、「トヨタやホンダの車との違いは?」と聞いたら、
「エンジンをかけてタイヤが回って走る、これは全社共通です。それ以外の違いでは、弊社独自の技術でクッション性能がうんたらかんたら・・・・」と、細かい部分の違いの説明になってしまうと思います。

スマートロックも同じで、「スマホから通信をうけてモーターが回って鍵が開く」は同じで、そこから先のこまごまとした機能についての説明が、違ってくるのですが、これがなかなか、
投資家の方には伝わらなくて・・・・(泣)

でもまぁ、総じて、ライバルがいることはよいことだな、と思っている今日この頃です。