2019.07.21

今年も大峰山修行へ行ってきました

昨年に続き2度目の大峰山修行へ行ってきました。

大峰山の荒行は1300年の歴史があり、飛鳥時代から脈々と今も続いている伝統的なものです。

昨年は、猛暑を我慢しながらの修行でしたが、今年は天候が悪く、寒空&雨の中の修行となりました。 昨年の参加動機は、「生まれ変わりたい」でした。 その時の自分の延長線上に、目指すべき自分がおらず、「このまま成長しても目標には届かない。」と焦り、生まれ変わるために修行へ参加しました。

修行は本当にキツイので、極限状態になるのですが、そのおかげで無事、生まれ変わることができたのが、昨年です。

今年は、昨年ほどの焦りはない状態だったので、極限状態の中で考える30年後の世の中、そして10年後の自分の姿、をテーマに参加しました。 しかしながら、今回もやはり極限状態になり、そんな難しいテーマを考える余裕はなく、結果、「よくわからないけど一皮むけた気がする」程度の成果となりました。 自分を見つめ直す機会、というのを意図的に作らないと、成長が鈍化するので、これからも引き続き、こういった機会を作ろうと思うのですが、それによって一定の成果が上がるようにするためには、もっと工夫が必要だと感じました。

じゃないと、すぐに慣れてしまうんですよね、難しい。