2018.02.21

広告事業ってすごい

いろいろなビジネスモデルやマネタイズ(収益化)を検討していると、いつも思うんですよね。

広告収益って、すごい。

世界的に見ても、広告事業はベンチャーに向いている感じがあります。

Googleも広告、Yahooも広告、Facebookも広告、TwitterもInstagramも広告。

日本国内で見ると、リクルートが広告、LIFULLが広告、athomeが広告・・・・と、不動産系IT大手は、全て広告じゃないかーーー!と叫びだしたくなるくらい、広告事業は強いです。

以前、電通出身のベンチャー社長に会ったのですが、考える事業全てが「どう広告を出すか」とうい目線から作られていて、本当にすごいと思いました。

僕はというと、「新しい価値を作るぞ!」という信念をぶち上げているせいか、どうしても広告収益というものについて否定的な面がぬぐえず、ライナフは今でも広告収益というものはまったくありません。

ベンチャーがITで会社を大きくするうえで、広告ビジネスとの向き合い方は、非常に、非常に重要なので、僕はこれからもっと、広告というモノに向き合い、考えていかなくてはいけないです。

「僕だったら、ライナフの事業をこう、広告でマネタイズするよ!」ってアイデアをお持ちの方、ぜひご連絡ください。
いやマジで。