2017.07.26

結果が見える広告が強い

企業が広告にかける予算が、どんどんWebやアプリ系に偏っていっています。

なぜか?
それは、広告費をかけた結果が見えるからです。
逆に言うと、結果が見える、というだけで大人気なのがWeb、アプリ広告なのです。

従来のメディアである、新聞広告やテレビ広告では、結局、その広告効果がどの程度、出ているのかがわかりません。

テレビ広告の後、売り上げが伸びたとしても、それはテレビのおかげなのか、自然増なのか、他の要因なのかがわからないのです。

これに対して、IT系の広告は何回クリックされたか、何件購入されたか、が明確に出ます。『1万円の商品を売るために、広告費が1件あたり2千円かかった。じゃあ、広告を増やせばもっと売れる。』という推測がたちやすいのです。

この、結果が目に見えるという点はものすごく重要で、うちが提供している内覧や物件確認のサービスも、「実際に〇件の内覧があり、〇件が申し込みにいたった。」と見える化することを重視しています。

見えるだけで価値が跳ね上がる、それが広告分野の特徴なのだと思います。