デバイスの設置で、置き配ができる、履歴がのこる。

スマート置き配は、連携したパートナーサービスとオートロックエントランスをつなぎ、入居者さまにサービスを届けます。エントランスにデバイスを接続し、サービスへの対応を可能に。パートナーサービスとの連携で、解錠権限を安全に管理します。エントランスとサービスをスマート置き配がつなぐことで、置き配ができて履歴がのこるオートロックマンションに変わります。

スマート置き配の仕組み
オートロックエントランスとスマート置き配

エントランスにデバイスを接続。
インターホンも自動ドアもいままでどおり。

置き配対応のためのデバイス機器は、エントランスに接続。置き配のための権限での解錠を可能にします。機器は、点検口や制御室などの人目に触れない場所に設置。インターホンとは連携されず、暗証番号が誰かに共有されることはありません。

スマート置き配とパートナーサービス

サービスと連携して権限を管理。
安心と信用も届きます。

各サービスのアカウントとのひもづけで、配達員の情報は明確に。お届けごとに、アカウントの情報に内容や履歴を追加。解錠の権限は、スマート置き配と連携するパートナーサービスで管理されます。

スマート置き配を介したオートロックエントランスとパートナーサービス

サービスは置き配でお届け。
エントランスは情報をお届け。

置き配のための解錠は、エントランスに接続されたデバイス機器で制御。スマート置き配とパートナーサービスの管理する権限の使用で、接続されたデバイス機器がエントランスを解錠します。入館のための解錠時刻は、機器を介して記録。権限の利用の履歴や使用者の情報と併せて管理されます。

スマート置き配の導入のチェックポイント

集合住宅の共有エントランスについて、各項目をご確認ください。

  • オートロック

    エントランスに電気錠が設置されている。

  • 戸数10以上

    導入検討物件1棟につき戸数が10戸(10世帯)以上ある。

  • 全国主要都市

    物件が主要都市エリアにある。

    ※詳しい対象エリアについてはお問い合わせください。

  • 着床制限なし

    着床制限のあるエレベーターが設置されていない。

スマート置き配 イメージ

入居者さまと社会がもとめる、置き配ができる集合住宅へ。

導入に関してご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください

資料請求/お問い合わせ