株式会社ライナフ

〒113-0034 東京都文京区湯島1-6-3
湯島1丁目ビル 2階

TEL 03-5843-9569

FAX 03-5843-9568

USE CASE
導入事例

有限会社エムエム・ワン

スマートロックの活用で「未来への先行投資」へ。不動産業者であり投資家でもある経営者の想いとは。

先進的な経営手法で不動産事業をされている有限会社エムエム・ワン代表取締役の門馬様。現役の不動産業者、そして個人投資家としての視点から、賃貸経営におけるNinjaLockM導入の経緯と不動産テック活用法について語っていただきました。

ー まずNinjaLockMを導入した背景から教えてください。

門馬様: もともとスマートロックには興味を持っていました。個人用と賃貸管理用では求められる質に差がありますが、最近ホテルの鍵管理や車の鍵でさえも物理鍵からスマホに置き換わってくるなど、鍵に求められるテクノロジーが一気に変わりつつあると感じています。現時点でスマートロックを導入する必要性が高くなくても、今後の生活においては、導入検討したほうが他社との差別化につながり、入居者の満足度向上にも役立つと考えました。

ー 業界の変化に適応する、重要なことですよね。スマートロック導入を後押ししたようなことはありましたか?

門馬様:助成金を獲得できたことは大きかったです。賃貸経営の生産性を上げる目的で助成金を利用してNinjaLockMを購入できました。国や地方自治体からの助成金制度を活かすことで、より賃貸経営は盤石になると思っていますので、ぜひ経営者の方はチャレンジした方が良いと思います。

ー 鍵へのニーズの変化、助成金などいろいろな背景があったのですね。NinjaLockMを選んだときに重視したポイントはどのような点だったのでしょうか?

門馬様: NinjaLockMは、ライナフと美和ロックのダブルネームで、商品の信頼性が高いです。他社製品と比べて、信頼性が高くアフターフォローもしっかりしていることがとても重要だと考えています。

あとは、どんな業界でもそうだと思いますが、大企業がいかに導入しているかもポイントになります。長い年月とリソースをかけて市況分析や投資判断をしているはずで、大手不動産会社において大規模導入の気運が高まっていることも決め手となりました。

ー NinjaLockMを導入するにあたり大変だったことはありましたか?

門馬様:使える機能が多いので、入居者様に向けてどういった使い方をしていただくか、仮に入居者マニュアルを読まなくても、直感的につかえるような、そうした運用を考えるのに御社の営業担当さんの提案には助けられましたね。機密情報はありますけど、参考になりそうな他社事例を交えながら教えていただきました。

聞いたことを生かし自分で一つずつ検証しながら、このように運用したらどうでしょうという相談は都度させてもらえて大変心強かったです。

ー 自分で使って実際にユーザー体験をするのは、とても重要だと思います。良さを伝えられますし、何かあったときにすぐ対処できるのも良いですね。実際に導入を決めてから運用を開始するまではどれくらい時間がかかったのですか?

門馬様:それは企業秘密です(笑)。かなり検証しましたよ。デジタルネイティブの方にモニターとして使っていただいてから、ヒアリングして運用方針を固めていきました。そうすると、ITリテラシーの高い方はあまり説明書を読まないことに気づきまして。NinjaLockアプリをダウンロードしていただく際に、実際に入居者自身で開閉操作や合鍵の作成をやっていただいて説明することにしました。

今後の新規入居者様への対応として、よりシンプルなマニュアルを使ってもらった方がよいかもしれません。そのマニュアルだけで足りない情報や分からなかったところをYouTubeなどの動画で調べる、といった流れを作るほうがよいのではと思っています。

ー 貴重なご意見ありがとうございます! NinjaLockMを導入してから何か大きく変わったことはありますか?

門馬様:玄関の見栄えが良くなり、利便性や防犯性も上がって、入居者様からの印象はかなり良くなりました。最初に目にするところの見栄えは大事なことだと思っていて。清潔感もそうだし、NinjaLockMは、デザインにもセンスを感じています。あと、NinjaLockMは他社のスマートロックと比較しても価格が高い。だからこそ入居者様に使っていただき満足してもらえる自信があります。賃貸で最先端の機器を楽しんで使ってもらうことは、大事なポイントじゃないかなって考えていますね。

ー 導入前に課題感があったと思うのですがNinjaLockMを導入してからどのようにしていきたいですか?

門馬様:賃貸経営そのものにどのような効果があるのか、運用も含めて最適解を探っていきたいと考えています。オートロックの設定やNinjaEntrance(共用エントランスをアプリ等で解錠できるようにするライナフのIoTシステム)との連携、宅配業者様との連携は入居者様の特性や時代に合わせたアップデートも考えていて、NinjaLockMを入れた意味はこれからますます出てくると考えています。

ー 入居者様がこれからどんどん入ってくると思いますが、今後が楽しみですね。
ー 本日は貴重なお話ありがとうございました!

Smart Leasing


Smart Lock Series



Smart Rooming

※ページ上の内容は2021年3月時点の情報です。