• プレスリリース
  • 2019.02.01

ライナフとアットホームが連携強化。55,000店以上の加盟店がAI物件確認自動応答サービスのデータ利用が可能に

株式会社ライナフ(東京都千代田区、代表取締役社長:滝沢潔、以下、ライナフ)が提供する、AIによる音声認識で物件確認できる自動応答サービス「スマート物確」は、アットホーム株式会社(本社:東京都大田区、取締役社長:鶴森 康史、以下、アットホーム)が加盟店向けに展開する不動産業務総合支援サイト「ATBB(アットビービー)」とデータ連携を開始しました。本データ連携によって、「ATBB」への登録だけで、AIによる物件確認自動応答サービス「スマート物確」が利用できるようになりました。

ライナフとアットホームは、従来より連携してサービス提供をおこなってまいりましたが、この度の連携強化により、ATBBを利用する加盟店の「スマート物確」導入負担を低減させ、不動産業務における負担削減と、利便性向上を図ります。

■AI物件確認自動応答サービス「スマート物確」

「スマート物確」は、AIを導入した不動産物件確認サービスです。専用の電話番号にかけると自動アナウンスが流れ、声に出した物件名をAIによる音声認識で特定、その物件の情報を自動で応答します。音声認識での物件特定率は95%以上(※2019年1月時点)と高い認識率を誇ります。不動産管理会社は、スマート物確に回答項目を設定するだけで、都度電話で受け答えしていた物件確認業務をすべて自動化できます。日常の電話対応にかかる業務負担を減らすことはもちろん、24時間稼働により、営業時間外でも応答可能になります。さらに、問い合わせ状況を「見える化」することで、受電分析やマーケティングに活用できます。

■不動産業務総合支援サイト「(アットビービー)」

不動産業務総合支援サイト「ATBB」は、さまざまな不動産業務をインターネット上でサポートする不動産事業者向けシステムです。全国55,000店以上(※)の不動産店が加盟・利用するアットホームの不動産情報ネットワークを基に、物件情報の検索はもちろん、不動産会社間、エンドユーザー向けのメディアへの公開、成約事例など取引のデータの入手、集客ツールの作成などが可能です。

※店舗数は2019年1月1日時点

■「スマート物確」と「ATBB」の連携強化

この度の連携で、ATBBに登録した物件のデータが「スマート物確」にも自動反映されるため、再度データを入力する手間なく「スマート物確」を利用できるようになりました。利用開始時点だけでなく、運用においても情報更新作業の手間を大幅に削減できます。

※システムの仕様によっては一部条件があります。詳細は別途お問い合わせください。

■スマート物確

https://www.smartbukkaku.net/landing/

■ATBB

https://atbb.athome.jp/business/service/atbb/index.html

■ライナフについて

https://linough.com/

「不動産に確かな価値」をビジョンに掲げ、不動産向けIoT製品「NinjaLock(スマートロック)」、「NinjaEntrance(スマートエントランス)」を発売。スマートロックを活用した内覧予約システム「スマート内覧」や、AI物件確認自動応答サービス「スマート物確」などのウェブサービスを展開する。

社名:株式会社ライナフ
所在地:東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町8F
設立:2014年11月
事業内容:不動産管理向けシステムおよびアプリの開発、不動産活用サイトの運営および不動産管理向けハードウェアの製造・販売

 

■本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

株式会社ライナフ 矢嶋・杉村
info@linough.com
TEL:03-5298-6696
FAX:03-5298-6697

■サービスに関するお問い合わせ先

株式会社ライナフ 上久保
info@linough.com
TEL:03-5298-6696
FAX:03-5298-6697