2017.08.31

仕事を楽しめる人が最強である

何事も、楽しんでやっているときが、最強です。

仕事も、趣味も、子育ても、勉強も。

すごい社長さんと話していると、皆さん、資本主義というゲームを本当に楽しんでいます。
資本主義のゲーム、というのは、要するに利益をだし、他の会社よりも儲かっていくことです。

どう利益をだすか?どう会社を大きくするか?をすごく楽しそうに話しています。

また、できる営業の人と話していても、皆さん、営業数字の獲得をゲームのように楽しそうに話します。

いつ顧客を落とせるか?大口顧客の懐に入れるか?
楽しそうに、語ります。

スポーツ選手も、きっと同じなのだと思います。

毎試合、結果を出すプレッシャーだけを感じて、つらい気持ちで試合に出場するプロ野球選手よりも、野球を楽しみながらプレーをするプロ野球選手の方が、強いです。

なぜなら、つらい事をしていると息抜きが必要ですが、楽しいことに息抜きは必要ないからです。

仕事も同じで、楽しいと思っているときは息抜きが必要ないため、どんどん自主的に動くことができます。

一方で、つらいと思いながら仕事をしていると、お酒とか趣味とか、何かしらのストレス発散を必要としていくので、結果的に楽しんでいる人との差が出てきます。

仕事を楽しむためにはどうしたらよいか?

自分はどんな仕事なら、楽しくできるのか?

自分自身が楽しめるツボを、誰しもが探して、見つけておくべきなのだと思います。