2019.05.13

何が本当にダメなのか

先日、ベンチャー企業に勤めている方と飲んでいた時のことです。

「うちは、社長が変わらないと、ダメだと思うんですよね。」

ふむふむ、確かに聞いていると、社長が原因で会社の成長が止まっている気がする。

そしてしばらく話していると、今度は、

「うちの業界は、構造が古くIT化が遅れているから、業界全体の体質が変わらないと無理なんですよね。」

ふむふむ、確かに、体質の古い業界にいると、そう感じることも多いよね。

「そもそも、日本は教育がダメだから。教育から変えないとダメですね。」

ふむふ・・・・・・・むーーーーーーー。

このあたりで、聞く気がなくなりました。

一つ一つ、言っていることは間違っていないのかもしれないのですが、

で?

で、あなたは?

あなたは、それをどう変えるために何するの???

〇〇な状況だからどうしようもない、

を嘆き続けているだけではないか。

本人はそこまで深く考えず、もっともらしい愚痴を言っているだけなので、

「じゃあ辞めれば?」「じゃあ別の業界へ行けば?」「じゃあ別の国に住めば?」

などと、ひどいことは言いませんよ。

ただ、なんだろう、あまりにも他責な話ばかりをされるので、

じゃあ、あなたはどうなんだ、と。

つい、思ってしまう訳です。

文句ばかり言ってても、何も生まれないですしね。

さ、仕事しよ、仕事。